ちょうちんのオリジナル特注製作ならお任せ|提灯工場

お問い合わせはお気軽にお電話下さい



注意事項

  • 1,ビニール提灯を使う際の注意事項

    ビニール提灯は低温の環境に置かれると硬化します。収納していた提灯を急に開くと、破損する場合がございますので、ドライヤーなどで温めながら、ゆっくりと開いて下さい。

    名入れ印刷や手書きなどが行われた提灯は、文字部分同士がくっつきやすい為、より慎重に開くようにお願いいたします。

    なお万が一にも破れた場合、市販されているビニール用接着剤で応急処置が可能です。

  • 2.雨天時使用後の長期保管に関する注意事項

    雨天で使用された提灯を長期保管する際は、表面が完全に乾いてから収納して下さい。

    また箱などに入れて保管される際は、ご使用前にお取り頂いた間紙を利用して、提灯の保護を行って頂ければ幸いです。

    酸を含む雨は、骨とビニールフィルムの接着に使ったシンナー系の接着剤を溶かし、ビニールフィルムで作られた生地同士を粘着させてしまう可能性がございます。ご注意下さい。

  • 3、提灯に明かりをつける際の注意事項

    提灯に明かりを灯す際は、必ず別売りの防水コード付電飾、もしくはローソク電池などをお使い頂く様、お願いしております。

    ローソクやその他の火気を火種として、提灯に明かりを灯すことはお控え下さい。

    もし万が一、ローソクなどをご使用になり、火災や火傷による被害を被った場合、当社は一切の責任を負うことはございません。

    あらかじめ、ご理解とご了承を願います。

  • 4、製作工程上の注意事項

    オリジナル提灯の製作工程上、職人が一つひとつ手作りで製作しているため、止むを得ず以下のような現象が発生する場合がございますので、予めご了承ください。尚、提灯の機能や耐久性には影響ございませんのでご安心ください。

    ・提灯の火袋部分の穴とノリのはみだし
    火袋部分にピンホールほどの小さな穴(右図1)や、貼りあわせ部分のノリのはみ出し(右図2)が発生する場合がございます。

    ・提灯の火袋の貼り合わせ部分の浮き
    素材によっては提灯を畳む際に生地が突っ張って破れてしまわないように、貼り合わせ部分にあえて浮き部分をつくる場合がございます。(右図3)

    ・提灯の枠と火袋の骨の歪み ※中太弓張りビニール提灯のみ
    オリジナル提灯の素材や形状に合わせて、らせん状の骨組みを使用して製作する場合がございます。職人が手作業で作業するため、提灯の上下にある枠(受け皿)と火袋の骨が若干歪む場合がございます。(右図4)

  • お見積り依頼はこちらから
  • ご相談・お見積りのお電話も大歓迎!0120-17-5151
  • メールでのお問合せはこちらから
  • ファックスは24時間受付中です。

お問い合わせ・お見積もり お気軽にどうぞ! 提灯工場 | 株式会社KILAMEK

〒160-0017 東京都新宿区左門町2-6 ワコービル7F
TEL:0120-17-5151/FAX:03-3341-6076 e-mail:info@chochin-kojo.com

営業時間9:00〜19:00(月〜金)10:00〜17:00(土)日・祝日を除く FAX/Mailは24時間OK!

Copyright ©提灯工場All rights reserved.