オリジナル高張提灯のオーダーメイド製作なら弊社にお任せ!祭りや婚礼など用途に応じて家紋や名前を名入れし、作成いたします。

お問い合わせはお気軽にお電話下さい

高張り提灯

高張り提灯は、伝統的なお祭りなどで見かける御祭禮用のアイテムです。長竿を用いて、先端に火袋を吊るして使う、豪快な和照明になります。町内名や神社名などを入れ、さらに昔から使われる吉祥紋を印刷してオリジナル製作されるのが、高張提灯の特徴と言えます。

高張り提灯の仕様例

  • 形状:長型
  • サイズ:15号
  • 素材:和紙
15号・長型(※オプション:高張り提灯用竹)
設置について
設置:高張り提灯用竹への据付
部材への紐による括りつけ固定
担当から

高張提灯は、据付き部材の付いた竹竿に紐で括って固定します。画像は15号長型・和紙製の物で、人気のサイズ&仕様となっております。

フリーダイヤル:0120-17-5151(平日9:00~21:00)

高張り提灯の種類とサイズ例

※下記以外の種類・サイズもご用意しております。

15号長型提灯

伝統:和紙 直径44cm×高さ73cm 安価:ビニール 直径42cm×73cm

15号長型サイズの提灯が高張り用には、もっとも最適な大きさです。

高張提灯は掲げて、使用されます。特にお祭りで使用される高張提灯は山車の先導を行うことが多いため、華やかなだけではなく、体にかかる負担の少ない大きさがベストです。

オリジナル作成の際には、名入れや家紋と言った印刷を行います。

高張り提灯のデザイン例

デザイン例写真

高張提灯は用途の関係上、モダンなデザインが取り入れられることはなく、シンプルな表現が一般的です。また、お祭りで多く使用される関係上、お祭りにちなんだ印刷が施されます。御神燈や御祭禮、町名や神社、御柱名などの名入れ、巴紋や吉祥紋、家紋などの紋様入れが定番となっています。

高張り提灯の利用シーン

高張り提灯のオプション:竹竿

仕様
  • 【サイズ】約4cm×180cm
  • ※組立て時:約3m

竹竿に使用される提灯は、長型15号サイズが定番ですが、桶型や別サイズでも対応が可能です。

提灯工場のサービス

トップに戻る